小規模IT制作会社が1年で5000万の投資原資を得た方法と秘訣

長時間労働、ストレスにまみれたブラック企業、、抜け出したい

友人と学生の時に創業したIT制作会社は、納期前は21時に帰れれば良い方、一人で同時に何案件も回さなければならない、といういわゆるブラック会社で利益率・成長率も理想的とは言えない状態でした。

人が商品のモデルは限界!と感じつつも、がんばってもがんばってもまとまった投資原資が貯まらず製品開発も出来ずにいた、年商1億ちょいの会社。

そんな会社が、次の期には保守案件だけで売上を5,000万ほど上乗せし、さらに1億近くの新規開発案件の見込み発注を作るまでに至りました。

一般的には構築費の口述30%、実情はせいぜい数%しかとれない保守を、年間で構築費の50%の金額で契約率100%で獲得することが出来た方法とポイントをお話します。

この記事が、システム開発会社の営業の方や代表の方、あるいはフリーランスで「投資原資を作りたいのにどうにもできない」と悩んでいらっしゃる方の一助になれば幸いです。

エンジニアの退職を機に投資原資確保を決意

長時間労働、精神的ストレスによって主力のエンジニアがやめ、紹介してくれる取引先がちらほら彼の移籍先に発注するようになってから、彼を「商品」に繋がっていた今までの紹介の連鎖は、どこかで切れるのであろうという考えが社内で広まりはじめました。
案件が途絶える=会社の死・・・・にも関わらず案件がくる確証がもてない日々。

それまで年商が1億数千万あったのは、「納品力」が紹介を産んでいたためで、紹介紹介で取引先は増え、案件の単価も最初は数十万だったところから、1,000万円以上に上がっていました。
それはまさに辞めた主力エンジニアが核となった価値提供モデル。

こういった紹介モデルは魅力ですが、「人」を商品としたビジネスモデルは大きなリスクをはらんでいることを今回の件で痛感しました。

ここから脱却するためにも、製品開発をしたい、、、が投資原資が足りない。原資が足りないから人も雇えない。
なんとか今の体制のまま会社に資金を残すことができないか?

議論を重ねた末、至ったのは「保守サービスによる利益確保」でした。

藁をもつかむ思いで着手したこの保守サービスですが、結果的に私達の期待を遥かに超える、構築案件売上の半分以上を稼ぐ商材となったわけです。

保守が私たちにもたらしたもの

保守の営業を始めて数ヶ月で、(運の力もあったとは思いますが)保守の契約率はほぼ100%、契約売上5,000万円近く、粗利率は90%を超え、4000万/年ほどの利益を確保するに至りました。

保守でお客様との関係性が強くなり、さらに1年で5000万以上の新規構築案件の引き合いもいただくという相乗効果もありました。

投資原資は無事確保し、目的は達成されましたが、会社がどうなったかというと代表が得た資金で人を雇いまくり急速に組織を膨らませた結果崩壊、僕は採用された人に社内政治的なもので僕が会社から追い出される・・・というとんでも展開が待っていたのですが(笑)、

そんなオチは置いといて、当初の利益確保という目的は十分に達成されたのでした。

なぜ契約率100%を達成できたのか? なぜ利益を残せたのか?
それは保守の持つ、サービス提供側・提供を受ける側双方にとっての魅力を、きちんとお客様に伝えることができたからです。

保守のミリョク1:1件あたり大幅な利益確保が出来る

保守は目に見えない商品で、本来損害リスクと比較すれば構築費用の30-50%を取れるものです。(もちろんシステムや扱うデータの重要度によりますが)

リスクに対して支払われる費用なので、実際にかかる費用はほとんど経費くらいで、1件あたりの利益額は大きくなります。

それでも、お客様にとっては、保守エンジニアを雇うための費用(年1,000-1,500万/人を1-2人)や、ブランド力低下・個人情報消失による損害賠償などのリスク額を考えれば、安い金額なのです。

保守のミリョク2:契約継続率が高い

システム保守は、基幹システムやECの案件が主力だったせいもありましたが、お客様が倒産しない限り解約はほぼゼロでした。

中にはその後10年以上継続するお客様もざらで、単純計算でも構築費の50%×10年=500%、5倍の金額を保守で稼いだことになります。

僕がいた4,5年で、20社中解約されたのはサイトを閉じた1社だけでした。(企業サイトを閉じるということは滅多なことがないとありません)

解約されやすいのは広告系システムの場合で、基本的にスポットのキャンペーンがベースなため保守は取りづらく、キャンペーン終了とともに解約されることも多いようです。

保守のミリョク3:営業工数が抑えられる

構築案件では、要件定義をしながら営業するようなコンサルティング営業のスタイルが一般的ですが、保守の場合は数回のミーティングで契約に至ることが多く営業工数がほとんどかかりません。(場合によっては1回で契約もありうる)

加えて、構築した企業しかそのシステム保守は出来ないため、しっかり内容と価格の妥当性を説明できれば、お客様に進んで契約いただけて契約率は100%に近づきます。

営業が少ない開発会社では営業人員を使わないことで、売り上げの天井をあげることにも役立ちます。
(理論的にはですが、営業がボトルネックになっている場合に営業のリソースを30%減らせれば売り上げは1.5倍になりますので。)

ただし、技術の中身について突っ込んだ話になるため、事故と復旧方法についてはお客様側にもエンジニアと同程度の知識がないと難航しがちです。
(もちろん営業本人も知識のある技術営業である必要がある)

そして、目に見えない保守商品の価値を理解してもらい、300万 / 年の保守を契約いただくには、妥当性の説明にもコツが必要です。

異業種事例:大手製造業でも同じ手法が使われている。が・・・

僕の友人はとある大手基幹システムプリンターメーカーに勤めているのですが、そこでもプリントサーバーシステム保守は、プリンター自体の保守に加えてかならずセットで契約するようになっており、それが事業の稼ぎ頭になっていたそうです。(5000万のプリンター1台につき350万/年程度)

プリンターの粗利はどう頑張っても40-50%ですが、SE保守であれば80%を超える粗利率を設定でき、さらに日常的に情シスやカスタマーサポート・運用部門とコンタクトを取ることで、利益率の高い帳票設計や更新などの案件受注につながることも多かったそう。

僕の経験した保守のミリョクは、大企業でも有効だったわけです。

ただし、保守料金はプリンター金額のせいぜい6%程度。一律定価にしてどんな営業でも売れるようにしているからだと思いますが、本来であればもっと取れてもいいのではと思います。

保守なんて安価・薄利があたりまえ・・・高い金額を提示しても納得なんてしてもらえないんじゃないの?

ここまで読んで、「いや〜、保守なんて当然うちでも提案しているけど、とても構築費の30%なんてお客に納得してもらえないよ・・・」という方もいらっしゃるかもしれません。

私もそんな時期がありましたが、原因は大抵お客様がリスクの損害額をイメージ出来ていないからです。

大抵そんなお客様からは、
「30万ね、、、なくても大丈夫なんじゃないの?(この営業、ぼったくろうとしているんじゃないか、、?)」
「そんなの契約しなくても何かあった時は責任取ってくれるんだよね」
だとか、構築費は人月単価なのに保守はサービス単価であることから、
「えー、そんなにエンジニア動くの?」
と言われたりします。

お客様にとっては、「よく分からないもの」=安く済ませたいと思うものです。
生命保険などとよく似ていて、医療保険でも、いざという時脳卒中にかかる費用がどれほどなのか、その確率がどれだけ高いのかが分からなければ「安くでいいや」となりますよね。

そんなわけで保守を値引いて提示額を安く見せかける営業方法になりがちですが、
たとえ安価なパターンを提示していたとしても契約時にはきちんと理解いただき保守料金を確保することが本来出来るべきです。

保守の案件金額を本来の価値まで上げる、たった2枚のexcelシート

僕が用意したのは、2枚のexcelシート。この1ファイルで、5000万を売り上げました。

そこに書いてあるのは、損害時の対応について、保守を導入した場合vsしなかった場合を、松・竹・梅の保守料別にまとめたものです。

損害時の案件金額を可視化することで、保守の内容は明瞭になります。
総額◯◯円のリスクを防ぎたかったら、◯◯円まで出せる、あるいはここまでしか削れないという下限額をお客様が判断できるためです。

お客様が必須と感じる部分だけで、結構な額になることがほとんどです。
1億のリスクが、実際に他社で起きてしまった事例を聞いてしまったら、防ぎたくなりますよね。

もし、読者の方が業界最低水準の5万・10万・15万をとりあえず提示しているようでしたら、お客様の気持ちを「この保守は必ず結ばなければ」と変えることで、より価値に見合った高額な保守の契約が見込めるはずです。

具体的な手法については、こちらの記事をご参照ください。

保守の金額が高くなるシステムの例

ただ、保守=トラブル発生時に数千万の損害が出るところを予防するようなものですので、月に数十万払うものは限られてきます。

僕が保守案件で高かった例を上げて行きます。

ECサイト or 有料Webサービス

ECサイトやコンテンツ配信サービス、お客様にとって重要な顧客接点の一つです。
止まればそれだけ売り上げが止まりますし、満足度も下がります。

遅延やウイルスによる改ざんなどがあれば、“炎上”、顧客データも抱えていれば“損害賠償”のリスクもお客様の頭には浮かんできて、損害額は青天井・・・・のイメージがつきやすいため、保守額はもっとも高くなります。
平均して30〜50%、月100万で提示しても平気な顔をされることがあります。(レアケースですが)

中小企業の基幹システム(在庫管理等)

売り上げが10〜100億の会社の業務基幹システムでは、構築時は1,000万〜5000万、保守も月に20-30万、何かあるたびに追加開発が発生するというような感じの案件が多かったです。

大企業の部門基幹システム(営業管理等)

大企業の部門基幹システムについては、2,3件経験しましたが、苦戦することが多かったです。上からの圧力で値切られがちですし、担当範囲が限定されることが多いので提案がしづらいこともありました。また保守は社内で内製化していたり、保守金額があまり膨らまないことが多かったです。

保守の金額を安く提案すべきシステムの例

保守の価値が低いのは、無料系、個人情報を取らない系のサービスの場合です。
これらはコンテンツが飛ばない限り問題がないなため、初期のバックアップくらいしかやることがありません。

SIerのポジションとしてはシステムの価値が上がって欲しいのですが、それにはお客様のマーケティングが功を奏するのを祈るしかありません・・・。

保守のミリョクまとめと保守サービスを検討されている企業、フリーランスの方々へメッセージ

以上、説明を長々としてきましたが、会社に5,000万や1億の投資原資を残そうとする場合、保守はかなり有効な手段であることは間違いありません。

・もう少し投資の原資を貯めて、ブラック体質を改善したい。
・人が商品のビジネスでリスクを孕んでいる/自転車操業から抜け出せない
・利益率の低いビジネスで、いくらがんばっても稼げない。

そんな悩みを抱えるIT制作会社の経営者やフリーランスの方は、是非こちらまでお問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)