技術力があっても紹介したくない会社の特徴

紹介したくない会社は配慮にかけて、平たく言うと「イラつく」あるいは「むかつく」対応をしてくる会社です。

顔がちょっといいけどイラっとくる人は合コンに呼ばれないように、技術力は高めで「遅い、理不尽、高い」という対応の悪さが、自分の中では「あそこは紹介すべきではない」会社になってしまいました。

顧客からシステム開発やスマホアプリ開発について相談される事が多く、その都度、システム開発会社(X社)を紹介していたのですが。。

発注者としての不満、4,000万円を保守・運用で稼いでいる受注者の経験から改善案を書かせて頂きます。

紹介をしなくなったエピソード

普段からお世話になっている顧客からスマホアプリの開発の相談を受けた時のこと。

「あ、これなら技術力が高いX社お願いする案件だな・・・・」

「でも、待てよ・・・X社は最近変な対応するからやめておこう・・・。この前も社内調整とかめっちゃ大変だったし。」

変な対応と思った点は端的にいうと『遅い、理不尽、高い』でした。
これらの対応が重なって僕の中では「紹介したくない会社」になったのだと思います。

紹介したくないシステム会社 – 3選

(1) 見積り提出までの時間が長い会社

システム開発会社(受注側)の都合もあるでしょうが、見積り提出までの期間が長く、催促しなければ一ヶ月くらい待たされる事もありました。

最初の1週間は
「もしかして放置されているのかな?」
と思って催促。

催促しても返信がないと・・・

「本案件って、見積りに時間を要する数十億円クラスの巨大プロジェクトだったっけ?」

「1時間3,600秒、一日86,400秒、一ヶ月で2,678,400秒。何の連絡もなく待たされる苦痛!」

「もしかして、会社が潰れてしまったのだろうか!? 担当さん生きてますかー?」

見積もりを出てきたと思ったら謝罪もなし
「おいおい…、たった一言『見積りに時間がかかってすみません』すら言えないのかい?」

見積りが出来上がるのを待っている間、そんな事ばかり考えていました。

何か理由があって見積りが遅れるのはしょうがないとしても、何の連絡もなく待たされると発注側は非常に不安になります。

【紹介したくなる会社になる為の改善案】
→ 最初に見積り提出期限を決めたり、見積りの進捗を報告するといった細かいフォローを行う事で、発注側が持つ不信感を大きく払拭する事が出来ます。発注も受注も結局は人間対人間の付き合いですので、「報連相(ほうこく・れんらく・そうだん)」はしっかりと行いましょう。

(2) 急な値上げをして理由を説明しない会社

過去には、「人件費が高騰しているので来月から単価を1.5倍にしたい」といきなり言ってくるシステム開発会社もありました。
もう少し細かい説明があってもいいと思うのですが、基幹システムを握られている以上、システムを停めるわけにもいかず、社内外の調整に難儀しました。

恒久的な値上げをするのであれば、電話やSkypeやメールで済ませず、会社まで出向いて説明をして欲しかったです。

【紹介したくなる会社になる為の改善案】
→ 値上げをするのであれば、「作業に割く時間が昨年比で+30%増加しました」とか「月間の平均問い合わせ件数が50件を超えました」といったように、ちゃんと理由を説明して発注者に納得してもらうことで、イラっとされる可能性を減らせると思います。

(3) 不得意なジャンルでも安易に受けてしまう会社

400万円規模のスマホアプリの開発を発注した事があったのですが、素人目にみてもUI/UXが悪く、いくつかの必要な機能が「実現が難しい」という事で実装されなかった事があります。

疑問に思い、あとで自分で調べてみたらそんなに高度な技術を要するものでもなく、他社開発のスマホアプリでは当たり前のように実装されている機能でした。

こちらはシステム会社にプロのスキルを期待して発注しているのですから、スマホアプリの開発が苦手なら見積り段階で断るか、他の会社を紹介して欲しかったです。

【紹介したくなる会社になる為の改善案】
→ 苦手な分野の開発を無理に引き受けると当然クオリティが下がります。
得意な分野で勝負して、顧客満足度を上げた方が単価もクオリティも上がり顧客に無駄にムカッとされることもなくなるのではないでしょうか。

紹介減を防ぐためには

顧客の感情や課題への対応を改善することで防止できると思います。

というのも、顧客の対応とソフトウェアの動きの2つが目に見えやすく、後者はシステム開発会社であれば日々改善されていることだと思いますので。

中のコードの書き方等、目に見えないところの改善ばかりではなく、対応の改善に関しても注力されると事業成長、もしくは安定が見込めると思います。

この記事を読んだ方へのお願い

私の体験ではサンプル数が少なく、もしかしたら発注側の一方的な意見になっているかもしれません。

システム開発会社(受注側)の方のご意見や、発注主(発注側)として他にエピソードがありましたら、ぜひTwitterやFacebookで教えて頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)