技術力が高くないエンジニアが年収4000万円を達成できたたったひとつの方法

稼ぎたければ技術力を高めることはやめてください

プログラミングスキルが高くなければ高収入は得られない。この考え方は特にエンジニアに多い傾向がありますが間違いです。

現に私は簡単なVBAと基礎的なPHPの知識だけで起業し、年収4000万円を達成しました。それはプログラミングスキルで戦うことをやめて、「保守」という方向性に転換したからです。

あなたが天才エンジニアでなければ、「保守」という仕事は安定した収入とゆとりある時間をもたらしてくれるでしょう。ですが私も最初から「保守」をやっていたわけではありません。

トリプルワークでも生活が苦しかった独立当時

私はスキルもお金も人脈も、何もない状態から独立しました。知り合いに紹介された会社で働くために上京しましたが、半年後にはその会社が潰れてしまったからです。

当時住んでいたところは家賃だけで22万円。普通に就職しても到底払える金額ではありません。家賃の安いところに引越ししようにも違約金や引越し代がそもそも払えませんでした。

どうしようもなかったのでトリプルワークを始めました。朝はアルバイト、日中は派遣会社、夜はフリーランスとして3種類の仕事を掛け持ちです。

もともとスキルも高いわけではなかったので、ホームページ制作を1件3万円や5万円の安さで単発案件としてこなしていました。

ホームページを作るのも何度も打ち合わせに行き、顧客に写真をもらったり原稿を書いてもらったりしなければいけません。1人でやるには手間がかかりすぎて割に合いませんし、売り切りだったので作ると同時に営業もし続けなければいけませんでした。

気づけば毎日不眠不休で働いているのにお金が残りません。拘束時間も長くて何もできません。

無収入にもなり得るフリーランスのリスク

フリーランスは自分が動いて初めて報酬が発生します。逆に動かなければ無収入です。風邪をひいて納期に間に合わなければ信用を失って、それ以降の仕事もなくなります。体調を崩すともう終わりです。

体調管理が何よりも大切なのに、トリプルワークをしているとしっかり食べることも寝ることもできません。肉体的にも精神的にも限界がきていて、いつ倒れてもおかしくない状況でした。

だから月1万円でも2万円でも、なんとか固定収入がほしいと思っていました。

パソコンの御用聞きが固定収入となる保守につながった

取引先は私がエンジニアのことを知っていたので、ホームページ制作の打ち合わせに行くとよく、パソコン関係の相談も合わせてされていました。

エンジニアあるあるですよね。

当時は御用聞きのように相談されたら都度引き受けていたのですが、その回数も多くなり、私も固定収入を作りたかったので、都度依頼よりも月額固定の方がトラブル時にも安心で低価格ですよ、と保守契約を結びました。

これが初めての保守契約です。

毎月営業しなくても決まった金額が入金される安心感は単発案件だけ受けていた頃と全く違います。翌月以降の見通しが立つようになって精神的に落ち着けるようになりました。さらに保守は最初にしっかりと設定をしておけば、それ以降ほとんど作業は発生しないので時間にもゆとりが生まれ始めました。

50万円の単発案件よりも月1万円の固定収入

1件50万円、100万円という大きな金額の案件は魅力的です。しかしそれくらいの案件になると凄腕エンジニアや法人企業がライバルになります。受注するのにも大きな時間と手間がかかります。提案から受注まで3ヶ月、入金まで半年のようになることもざらです。

そして単発案件はどれだけ金額が大きくても自分の時間を売って報酬を得ているにすぎません。かなりスキルの高いエンジニアが多くの時間を費やして働いたとしても年収2000万円くらいが限界でしょう。

私も起業・独立支援としてたくさんの方の相談にのりましたが、高いスキルを必要とせず、働く時間を1日1時間程度に抑えながら、年収4000万円を達成できると納得してもらえた方法は「保守契約」だけでした。

特に独立前後や週末起業の方にとっては、1件50万円の単発案件よりも月1万円の保守案件の方がイメージもつきやすく取り組みやすいです。

今は会社で働きながらでも簡単に社長と接点が持てる時代

クラウドソーシングサービスをご存知ですか。企業と個人をつなげる仕事のマッチングサイトです。LancersやCrowdworksが日本では有名です。

サイトにはホームページ制作やシステム開発の案件がたくさん募集されています。ホームページ制作の案件は社長が直接依頼していることも多いので提案するだけで簡単に接点を作れます。

そして提案もやり取りも基本的にはメッセージで行うので、会社員の方でも無理なく使えます。会社の休み時間や帰宅後・土日のような相手の営業時間外でも案件に提案できます。

提案から受注までメッセージで完結するので、日中動きづらい会社員にこそおすすめです。会社で働きながらでも社長と接点を作っていけます。

単発案件のあとの保守契約という考え方があれば、多くのエンジニアが避ける低単価の案件でも提案し、仕事を受ける価値があります。むしろスキルの高いエンジニアは提案しないので有利です。

まずは登録後どんどん提案して、社長との出会いを増やしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)