システム開発工数見積もり方法の奥義を探れ!

プロジェクトの成否はまず見積もりから

のっけから難しいテーマです。

見積もり金額の正確性いかんによってプロジェクトの成否が決まると言っても過言ではありません。高ければコンペに勝てませんし、かといって安すぎればリスクヘッジできません。
ERP構築とか基幹システムが絡むものであれば、数億の赤字プロジェクトなんてこともあり得るのですから、大手SIerの単価が高いのもある程度はやむを得ないと思います。

一方でフリーエンジニアは数万円の案件を叩き合っているというのも、これまた現実であります。一人で開発できるレベルのものであれば、おおよその工数予測というのは経験から導き出されるものなので、受注単価はお客様が納得していただける算定根拠さえ示せればあとは人柄勝負かもしれません。

システムの見積もり金額って何故バラバラなの?

ではある程度の規模を持ったシステムの開発工数算定について、明確な指標というのはあるのでしょうか?

人月単価、ステップ数、ファンクションポイント等々いろいろ手法はあるものの、管理工数や設計、テスト、打ち合わせなど製造以外の工数は結構多く、最終的な算定根拠は見積もり担当者の匙加減というのが残念ながら現状です。

大手と中小企業や個人事業者では、同じシステムでもヘタすると10倍くらい見積もり金額に差が出たりします。これは実際のところ瑕疵担保責任能力の有無による安心料が大部分を占めています。

お客様がどこに価値を求めるのか、目先のコストなのか、確実なプロジェクトの成功なのか、はたまた無難に波風立たずに終わることなのか、ご担当者の立場や指向によってそこは変わってくる訳です。
「わたし失敗しないんです!」と、いくらフリーエンジニアが叫んでも大手の体制には敵わないですし、逆に個人中小の小回りには大手は敵わないものです。

あなたが発注者側であれば開発業者に何を期待するかを、受注者側であればお客様が何を期待しているのかをしっかり把握する、その辺がおかしな見積もりに翻弄されないポイントになってくるでしょう。そのためにはどうすれば良いでしょうか。

適当な見積もりには悲劇が待っている!

現在某プロジェクトに御意見番として参加しています。PMOなんて格好いいものではありません。なんせプロジェクトの途中で呼ばれて参加したのですから……。
先ず、どんなシステムを開発中なのか把握するところからスタートしました。

社内SNSでこれまでの経緯が管理されているということなので一通り見ていったのですが、場当たり的な議事録だけでまともなドキュメントが見当たりません。
見積もり仕様書は? 要件定義書は? 基本設計書は?
このプロジェクト、web案件ではありますが、単純なホームページ作成の類ではありません。千万円単位の受発注金額であるにも関わらず、発注者側からも受注者側からもろくなドキュメントが出ていなかったのです。

アジャイルとか格好いいキーワードがありますが、千万円単位のプロジェクトはアジャイルで進行することはできません。それは場当たり的というのです。
結局、実態把握はしつこいヒアリングとその時点での成果物を見ることによって何とかなったのですが、案の定要求仕様に対して成果物は穴だらけ。検証するのも憚られるような代物でした。

発注者側にも問題が。見積書請求前に必要なこと

そんなこんなで客観的な指摘をしていったことがきっかけで、お客様と業者の和気あいあいとしたプロジェクトの空気は吹き飛び、プロジェクトリーダー交代、基本設計やり直し、システムは作り直しとなりました。図らずも私はデストロイヤーとなってしまい、顧客からは感謝されたものの、業者側からは恨み辛みの嵐です。

ただ既に発注済み案件なので、何とか予算内で収まるように仕様に対していろいろ首を突っ込みました。
難しいアルゴリズムで考えられていたものをweb標準のAPIに変える提案をしたり、システムそのものの単純化を提案することで、逆に業者側のプライドが喚起され困難な状況を何とか脱することが出来ました。

ここでお気付きになったかと思いますが、見積もり段階でも見積もり仕様書つまりRFP(提案依頼書)が必要だということです。
最低限のドキュメント作成は、実は発注者側にも義務があって、小さなプロジェクトを対象とした下請法にもその辺は明記されています。要求仕様無きところに見積もりはありません。お客側から提示が無ければしつこく聴くしかありません。

システム開発の上流工程と下流工程を切り離す!

発注者側の立場からすれば、「そもそもRFPを書けるだけのスキルが無いよ」というケースもままあると思います。

そんな場合の解決策ですが、ITコンサルタントの活用が考えられます。
ある程度大きなプロジェクトであれば、最上流工程を別で予算化するわけです。別に超高額なシンクタンクに依頼せよと言っているのではありません。今はフリーエージェントのコンサルが結構いるので、1名分の人月単価で一定期間予算化し、そこで内部的に要件をしっかりまとめるわけです。RFPがあれば業者側も安心して見積もりが出せますし、各社ごとの見積もり精度についてはコンサルタントがジャッジできます。

予算化のための見積もり依頼

それでも「そんな手順は踏めないよ」というケース、予算化の観点でアバウトな見積もりを依頼するされる場面は結構多いと思います。

今度は業者側の立場として考えてみましょう。

PERT(Program Evaluation and Review Technique)というスケジュール管理の考え方があります。
これは楽観的、悲観的、中庸の3つのケースを想定して工数算定を行うものです。予算化の段階であればバッファは許されると思います。
お客様に対してしっかりリスクの説明をして一応「松竹梅」を提示したうえで金額の高い方を出すわけです。
この段階でこれは高過ぎるとかいろいろ顧客の反応は探れるわけですから、最終的に相見積もりになった場合でも根拠を明示した適切な見積もり金額を提示できることでしょう。

あとは第三者のレビューを受けることもたいへん有効です。見積もりも第三者の視点にさらされれば、それが適正か否か気付かなかった点まで指摘してくれます。

結局工数見積もり方法の奥義はあるのか?

ここまで読まれて、見積もり金額というのは発注者側の立場・受注者側の体制や立場によって大きく変わるものだということはご理解いただけたかと思います。フリーコンサルの活用やPERTや第三者レビューといった方法論もご紹介してきましたが、結局のところ工数見積もり方法の究極の奥義は存在するのでしょうか?

いい加減な見積もり依頼、それにもましていい加減な見積もりが無くならないのは、単純な話でお客様の側も請ける側も要求仕様が見えていないためです。

本末転倒な結論かもしれませんが、プロジェクトはヒアリングが全ての成否を握ります。お客様から要求仕様の提示がなければ訊いてください。しつこく訊く、それしかありません。それによってお客様が気付くこともあるでしょう。もしそこで回答を拒否されるようであれば、そのプロジェクトは請けてはいけません。リスクがありすぎます。

逆に発注する側の立場で考えた場合、何も訊いてこない、何も提案してこない業者を信用してはいけません。ただ金額だけで判断すれば、あとで思わぬ失敗の連鎖が待っています。結局のところ失敗しない工数見積もりの奥義は 『コミュニケーション』 に尽きると思います。

難しい方法論を求めていた読者には肩透かしかもしれませんが、コミュニケーションがシステム開発に限らずビジネスの本質です。皆さまのプロジェクトの成功をお祈り申し上げます。

CMSの導入と見積もりについて考える

今回はCMSの導入を検討されている方の立場に立って考えてみたいと思います。今まさにITベンダーやWEB制作会社に営業として入社して、CMS案件を取ってこなければならない新入社員の方なども必見ですよ。

これからCMSを導入する側の方だったら、もしかして、
「CMSの見積もりってどうとったらいいんだよ・・・」
「予算内に収まるかなあ・・・」
「どの会社に頼めばいいの?」
「そもそもCMSってどんな種類があるんだろう」
とお考えの方もいらしゃるかもしれません。

特に大企業の情報システム部門以外に所属されている方や、普段ITやシステム、Webビジネスとは無縁のご担当者の方や事業主の方は、そうしたCMSに関する疑問やお悩みを抱えている方も多いことでしょう。

そういった疑問やお悩みにお応えすべく、また営業をする側ならば見積もりを取る側の人の気持ちを理解するためにも、そもそもCMSってどういうものか、そして導入をする際の見積もりの取り方についてみていきたいと思います。

■CMSとはなにか?

・CMSの意味と意義

そもそもCMSの言葉の意味はどういったものでしょうか。「IT用語辞典 e-Words http://e-words.jp/」によれば、CMSとは【 Contents Management System 】の略で、「Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。広義には、(Webサイトに限らず)デジタルコンテンツの管理を行うシステムの総称」となっています。

Webサイトを構築する際には、コンテンツとなる見出しや文章、画像などを挿入することは必須となりますが、それだけでなく、HTMLやCSSなどの言語で記述してレイアウトを整える必要があります。また、ページ間にリンクを設定するなどサイトとして最低限の使いやすさを整える作業も必要です。つまりこれらの作業や制作は、Webサイトのデザイン性を確保して閲覧する人にとって使いやすくする、それを通してマーケティングやビジネスをスムーズに行えるようにする施策と言えます。そのWebサイト構築や日々の運用の際に威力を発揮するのがCMSです。

・CMSが必要な理由

一方で、これらさまざまな要素をもった作業や制作は専門知識がある人しかできないのも事実です。そこで、ある程度までWebサイトの枠組みを作った上で、Webサイト構築をソフトウェアで自動的に行うようにしたものがCMSなのです。つまりWebサイトを作る際や日々の運用を楽にするためのシステム、ソフトウェアがCMSということができます。

CMSを導入すれば、文章や画像を作成する人はHTMLなどの専門知識は基本的に必要はなくなり、文字や画像など記事の更新が必要な際に、毎回デザイナーやコーダーにお願いする工程が大幅に削減できます。また、多くのCMSでは、サイト内のナビゲーションなども自動で生成するため、ページが追加されるたびに関連するページにリンクを追加するといった作業からも解放されるということもあります。また、CMSの中にはサイトのデザイン・テンプレート(ひな型)をあらかじめ用意しているものもあって、これを使えば画像の作成やデザインなどを行うことなくサイトを構築することができるようになります。

・さまざまなタイプのCMS

CMSにはニーズや作ろうとするサイトやサービスの特性に合わせてさまざまなタイプがあります。サイトデザインをかなり自由に制作できるものや、まとめサイト、ブログなどコンテンツの管理がしやすいもの、無償のものや大規模な企業のビジネスに合わせてシステム開発と合わせて構築するようなものもあります。いま、自分たちがどういったサイトを作ろうとしているのか、そこから考えてCMSを選定する目途を立てるのが大事な要素かも知れません。

■主なCMS

主なCMSをいくつか挙げてみます。

・WordPress
WordPressは、オープンソースのブログ型CMSです。ある程度の操作方法を理解すれば使い勝手が良いことでも知られ、基本的にライセンス費用もかかりません。2010年ごろからシェアを伸ばし始め、現在では世界のCMSで第1位のシェアを占めているとされています。多くの日本国内のWeb制作会社でもこのWordPressをカスタマイズする形でのサイト構築に対応しています。一方で静的なサイトには向くのですが、会員情報や商品情報、決済データなどのデーターベースと連携しなければならないような大規模なビジネスやマーケティングに対応するには大掛かりな改修が必要で、そうなると一からCMSを構築するのと変わらなくなるという面も持ちます。

・MovableType
WordPressとライバル関係にあるとみる人が多い「ブログ型」CMSの開祖とも言われるCMSです。基本的に商法利用を前提としていて、ver3以降は商用CMSとなり、商用利用にはライセンス契約が必要となりました。現在のver6は、1サイト9万円〜のライセンス費用がかかります。近年では「ライバル」のWordPressにシェアを奪われつつあるとのデータもあるようです。

・Drupal
Drupalは、WordPressに次いで世界のCMSシェア第2位とも言われるCMSです。アメリカの政府機関や、日本の大手新聞社のサイトなどにも採用され、大規模Webサイト向けのCMSとしての実績が豊富です。一方、オープンソースのタイプのCMSですので製造元企業が存在せず、製品そのもののサポートは扱う開発会社やWeb制作会社によってさまざまということになります。

・NOREN
各種CMSの中でもよく知られ、歴史も長いもののひとつです。充実した基本機能に加えて、大中小さまざまなサイトに導入されてきた実績があります。サポート体制やトレーニング体制にも定評があり、予算規模にもよりますが比較的スモールスタートに近いサイト構築プロジェクトにも対応可能で拡張性も高いとの定評があります。

■機能別CMSの得意分野

前述したCMSの得意分野はこうなります。得意分野と言いましてもそれぞれのCMSはカスタマイズも可能なものが多いですので、おおよその指針ということになります。

【WordPress/MovableType】

静的なページ全般。ここでいう静的なページというのは、データベースとの連携など大掛かりなシステム開発が必要の無い比較的ボリュームの少ないページという意味です。会社のコーポレートサイトやあまりページ数の多く無いキャンペーンサイトであれば要件を満たせる場合がほとんどだと思われます。

【Drupal/NOREN】

静的なページから、会員情報や業務システムの一部機能、マーケティングに特化したサイトなど一定のシステム開発が必要な案件まで対応可能です。システム開発が入りますと一気に費用も膨らむのが通常です。

■CMSは製品版が良いか、カスタマイズが良いか

・スモールスタートの場合は製品版で充分

もし手掛けようとしているサイトの構築や改修が比較的小規模の場合、WordPressやMovableTypeといったシステム開発を必須としない軽快な製品やサービスを利用することで充分ニーズを満たせる場合が多いでしょう。こうしたブログタイプのCMSを扱っているWeb制作会社のいくつかにニーズを伝えて相見積もりを取ることをおすすめします。また個人事業主の方や中企業の方などのコーポレートサイト(会社サイト・会社案内サイトなど)の場合は、「Wix」「 Jimdo」といった専門知識が必要のないWeb上で完結するサイト構築サービスを直接利用することでも充分にサイトが作れる場合が多くあります。

・大規模なビジネス展開やマーケティングをする場合はカスタマイズは必須

一方で前述したように。大規模なビジネスにサイトを活用したい場合は、システム開発とCMSのカスタマイズ、場合によってはゼロから専用CMSを作ることも必要になってきます。予算も数百万円から、規模によっては数億円単位になることも多くなり、WordPressやMovableTypeをベースとしたサイト構築では対応しきれなくなることが大半です。

■CMSをカスタマイズする時に見積もりの取り方

ではいったいどういった会社に対して見積もりのお願いをしたらいいのでしょうか。

・自社でCMSを持っている会社のがいい?

大規模なサイト構築案件になればなるほど、自社で製品としてのCMSを持っている会社にした方がより良いとも言えます。何故なら自社内にエンジニアを一定数抱えてプロジェクト遂行の経験も豊富だろうとの推測ができるからです。一方で、やろうとしているサイト構築案件が企業の紹介サイトなど比較的小規模な場合は、WordPressやMovableTypeが扱える会社に対して見積もりを要請するのでも充分ニーズを満たせることになります。

・システム会社に発注すべき?Web系サービスの会社に発注すべき?

CMSの見積もりを取る場合に、システム開発の会社にすべきかWeb制作会社にすべきかは、なかなか悩ましいところです。一般論としてシステム開発会社はデザインが不得意で、Web制作会社はシステム開発が苦手です(というか出来ない会社がほとんどです)。また、システム会社はSEOやWebマーケティングのノウハウがあまり無い場合があります(サイトマップの作り方、パンくず等の内部リンクやタイトル、キャンペーンページを量産できるetc・・・)。同じシステム会社でもネットーワークのインフラ、システム開発、Web制作やWebマーケティングまで網羅している会社もありますので、しっかりと見積もりを取る会社の得意分野を見極めた方が良いでしょう。

それを踏まえた上でもし大規模なビジネスやマーケティングにサイトを活用しようとしている場合は、Webを使った業務システムの案件を得意としているシステム開発会社に見積もりをお願いするのがひとつの方法です。その場合も、ある程度Webのデザインができる、経験や実績のある会社にお願いするのがいいでしょう。会社の紹介サイトなどサイト規模があまり大きくないものの場合はWeb制作会社にお願いすることで多くが要件を満たせると思います。

■あとがき

いかがでしたか?
CMSはサイトを作ろう、改修しようとする時にとても便利な存在です。またいまやろうとしているサイトの構築やビジネス、マーケティングから考えて、システム開発の会社かWeb制作の会社どちらに見積もりをお願いするのを決めるのが大事でしょう。いずれの場合にもやろうとしている事を整理して、複数の会社から見積もりをとって比較することがより良いとも言えます。サイト構築や改修をする際、そしてCMS案件を受注したい営業の方にも参考にしていただけたら幸いです。