2018年2月の創業から早3ヶ月。損益累計を大公開!(松村の場合)

無料で「ものづくり」は出来ない

http://syssales.shisuh.com/2018/05/24/work-3/ の続きです。

株式会社ティー・ツーは2018年02月23日にオギャー!!と産声を上げました。そこから2月 → 3月 → 4月と経営を続けて、損益がどのようになっているか公開します。


↑ じゃじゃーん!!!
マイナスの数字が並んでいます。
だけど、これは想定内!! ← 言い訳ではない。

結論だけ書くと、4月末時点で累積3,042,593円の赤字。
5月末だと、おそらく 累積3,642,593円くらいの赤字になるかと思われます。

360万円あれば…
→ マルナカで値引きされた夕食を7,200日分買えます。

360万円あれば…
→ 軽自動車ではない新車が買えます。

360万円あれば…
→ ディズニーランド or ディズニーシー に486回行く事が出来ます。

製造業は結構大変ですね。

お金をかければ何でも出来るけど、いつかそのコストを回収しなくてはならない。

会社の経営と運営、日々是勉強!

(続く…かもしれない)


■ ティー・ツー公式販売サイト(ドッグフード)
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tea2/

星野 善彦 Twitterアカウント → https://twitter.com/yh_229
松村 哲州 Twitterアカウント→ https://twitter.com/trade_2017

 

会社を作ったのはいいけれど、銀行口座が作れない件 (松村の場合)

楽天銀行の審査が通らない!

http://syssales.shisuh.com/2018/05/11/work-2/ の続きです。

会社の運営に必要不可欠なものが銀行の法人口座です。昔と違って、今は個人でも口座の開設には色々と制限が付きます。自宅から最寄の支店じゃないと駄目だとか、勤務先の近辺の支店じゃないと駄目だとか、結構面倒なのです。

法人口座になるとさらに制限や審査が厳しいようで、ネットで「法人口座 落ちた」で検索すると社長さんの嘆きが沢山出てきます。我々もその洗礼を受け、楽天銀行の口座開設にはかなり苦労しました。同時期に申し込んだ「ジャパンネット銀行」と「ゆうちょ銀行」はスムーズに事が運んだのに!


↑ 創業間もない我々を信用してくれてありがとう、ジャパンネット銀行!


↑ スタートアップを容赦なく地獄に突き落とす楽天銀行(怒←当時)

この時は、「もう二度と楽天市場では買い物をしないし、周りの友人にも楽天市場を使わないように言っておこう! 友人がAmazonやヤフーショッピングで買い物をしたら、僕が差額を補填しよう」とまで思いました。負の感情全開です。

別に楽天銀行の口座なんてなくてもいいのですが(負け惜しみ)、「口座が開設出来ないまま」で終わると本当に負けた気分になるので、「絶対に対策して口座開設してやる!」と思うようになりました。口座開設の目的を完全に見失ってます。

その後、補助資料を揃えたり、資本金を増やしたり、ウェブサイトの内容を充実させたりしながら申請を繰り返し、4度目にしてついに話を進める事が出来ました。


↑ おや? いつものお断りメールとは違う内容!!

メールを読んでから担当者に連絡をして、そこでいくつかヒアリングを受けました。「創業目的は何ですか?」とか「なぜドッグフードなのか?」などなど。


↑ 紆余曲折ありましたが、やっと法人口座開設です。

「人間、ちゃんと話し合えば理解し合えるんだ!」と思った瞬間です。

というわけで、楽天銀行の口座も大切に使わせて頂きます。
楽天市場へも出店する予定です。

(続く…かもしれない)


■ ティー・ツー公式販売サイト(ドッグフード)
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tea2/

星野 善彦 Twitterアカウント → https://twitter.com/yh_229
松村 哲州 Twitterアカウント→ https://twitter.com/trade_2017

 

事業資金の調達を検討。市の補助金は使えるか?(松村の場合)

市が行っている補助金(助成金)について調べてみた

http://syssales.shisuh.com/2018/05/09/work/ の続きです。

ある程度の自己資金を用意していたとはいえ、日々減少する予算を見ながら不安になり、資金調達を考え始めました。


↑徳島県美馬市のホームページより

最初に検討したのは市が行っている補助金の利用です。話を伺いに市役所に行ったのですが、残念ながらその時は自分たちの目的に合った募集を行っておらず、別の方法を考える事になりました。

法人を作る前(創業前)であれば申請できそうな補助金もあったのですが、その頃にはもう登記も完全に終わっていたので対象にはならず。

「新たに法人を作り直せばいいのでは?」と思われるかもしれませんが、この補助金を受けるためには何度が講習のようなものを受けなければならず、また、支給される補助金の上限も「補助対象経費の2分の1以内(上限50万円)」であったことから、「時間が勿体無い」と判断し、申請は諦めました。

制度としては良いものなので、これから創業を考えておられる方は市のホームページを参考にして申請するといいと思います。

ここで少し本題からそれてインターネット接続の話になるのですが、美馬市でインターネットに接続しようとするとプロバイダは「光ねっとmima」しか選択肢がなく、さらに契約に当たって必ず「音声告知端末機」(有料で65,000円くらい)を設置しなければならないという条件があり、いまだに回線の開通には至っておりません。

この「音声告知端末機」、市内に住民票を置いている方であれば無償貸与してもらえるのですが、法人にそれは適用されません。つまり、法人として契約しインターネットに接続しようとすると、イニシャルコストが最低でも65,000円かかる事になります。

このコストは「設備投資」として別の補助金でペイ出来るのですが、時間とコストを重視するスタートアップにとっては辛い現状です。そんなわけで、今もインターネットはiPhoneのテザリングで行っています。

(続く…かもしれない)


■ ティー・ツー公式販売サイト(ドッグフード)
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tea2/

星野 善彦 Twitterアカウント → https://twitter.com/yh_229
松村 哲州 Twitterアカウント→ https://twitter.com/trade_2017