事業資金の調達を検討。市の補助金は使えるか?(松村の場合)

市が行っている補助金(助成金)について調べてみた

http://syssales.shisuh.com/2018/05/09/work/ の続きです。

ある程度の自己資金を用意していたとはいえ、日々減少する予算を見ながら不安になり、資金調達を考え始めました。


↑徳島県美馬市のホームページより

最初に検討したのは市が行っている補助金の利用です。話を伺いに市役所に行ったのですが、残念ながらその時は自分たちの目的に合った募集を行っておらず、別の方法を考える事になりました。

法人を作る前(創業前)であれば申請できそうな補助金もあったのですが、その頃にはもう登記も完全に終わっていたので対象にはならず。

「新たに法人を作り直せばいいのでは?」と思われるかもしれませんが、この補助金を受けるためには何度が講習のようなものを受けなければならず、また、支給される補助金の上限も「補助対象経費の2分の1以内(上限50万円)」であったことから、「時間が勿体無い」と判断し、申請は諦めました。

制度としては良いものなので、これから創業を考えておられる方は市のホームページを参考にして申請するといいと思います。

ここで少し本題からそれてインターネット接続の話になるのですが、美馬市でインターネットに接続しようとするとプロバイダは「光ねっとmima」しか選択肢がなく、さらに契約に当たって必ず「音声告知端末機」(有料で65,000円くらい)を設置しなければならないという条件があり、いまだに回線の開通には至っておりません。

この「音声告知端末機」、市内に住民票を置いている方であれば無償貸与してもらえるのですが、法人にそれは適用されません。つまり、法人として契約しインターネットに接続しようとすると、イニシャルコストが最低でも65,000円かかる事になります。

このコストは「設備投資」として別の補助金でペイ出来るのですが、時間とコストを重視するスタートアップにとっては辛い現状です。そんなわけで、今もインターネットはiPhoneのテザリングで行っています。

(続く…かもしれない)


■ ティー・ツー公式販売サイト(ドッグフード)
https://store.shopping.yahoo.co.jp/tea2/

星野 善彦 Twitterアカウント → https://twitter.com/yh_229
松村 哲州 Twitterアカウント→ https://twitter.com/trade_2017

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)