フリーランスでよかった!突然訪れた介護にも仕事と両立して親孝行できる

母親が突然の要介護状態に

大阪にいる母が急に要介護状態になりました。転倒したときに頭を打ち、打ち所が悪く脳機能障害が発生したためです。

母ももう若くないですから、いつか介護するときがくるだろうと思っていましたが、まさかこれほど早くそのタイミングが訪れるとは考えていませんでした。

今まで意識はしながらもどこか遠い話だと思っていました。

フリーランスだからできた仕事と介護の両立

要介護になってから、月に2~3回は大阪に帰っています。転倒した当日からお見舞いに行ったり、そのまま大阪で1週間働いたり、フリーランスだからこそできるお見舞い・介護の仕方ができています。

サラリーマンだったときに母親が要介護になっていたとしたら、今と同じようなやり方はできなかったでしょう。

有給を取得するために社内で調整が必要で自分の思うように取れません。休めても2,3日です。そして金銭的にも大阪・東京を1往復するだけで3万円近くかかります。月に2回だけだとしても6万円です。

そうなると大阪で別の仕事を探すか、大阪へ帰る回数を減らすしかなく、自分が納得できるような仕事と介護の両立はできなかったと思います。

働き方を自分でコントロールして親孝行の時間が増えた

フリーランスとなったころ、格安で仕事を請けて働く時間の割に全然生活が楽にならなかった経験から効率を意識した働き方に変えてきました。できるだけ自分の手作業がなくてもクライアントに満足してもらえる仕組みを作ってきました。

今では出勤も退社もなく、毎日1時間仕事をするだけで年収4,000万円を稼げるようになりました。そのおかげで介護費用にも十分なお金をかけることができ、私としても納得できるだけの時間を介護に使えています。

お金と時間を手にして見えた本当にしたいこと

効率を意識して働くようになってお金と時間に余裕ができたころ、憧れを持っていた銀座にある会員制のBARに入会したこともあります。その場には私が今まで関わったことのないお金持ちの人やキラキラした女性が大勢いました。

私はあまりお酒が得意ではないのですが、それでもBARの雰囲気に酔えて楽しかったです。ですが、数回行ったきり足が遠のき現在は解約しています。

お金持ちのステータスのようで、実際に入会するまでは憧れもあった会員制のBARですが、そこにお金と時間を使うならもっと仕事や身近な人に使いたいと思ってしまいました。

気の知れた友人や仕事仲間と肩肘張らない「磯丸水産」で食事を楽しむ方が性に合っていると感じます。

目指すところは人それぞれ、正解はない

私のように親孝行する時間を増やしたい、もっと大きなチャンレジをしたいと思う人がいる一方で、お金持ちになって会員制のBARで豪遊したいという人もいるでしょうし、利益度外視で好きなことに打ち込みたいという人もいるでしょう。

どれが正解というわけではありません。目標があり、そこに向けて進んでいくということは素晴らしいことです。

このようにフリーランスとしてうまくいけば、帰りたい時に地元に帰ったり、寝る時間・起きる時間を好きに決められたり、やりたい仕事に取り組めたり、たくさんの自由が待っています。

技術力が高くないエンジニアが年収4000万円を達成できたたったひとつの方法

稼ぎたければ技術力を高めることはやめてください

プログラミングスキルが高くなければ高収入は得られない。この考え方は特にエンジニアに多い傾向がありますが間違いです。

現に私は簡単なVBAと基礎的なPHPの知識だけで起業し、年収4000万円を達成しました。それはプログラミングスキルで戦うことをやめて、「保守」という方向性に転換したからです。

あなたが天才エンジニアでなければ、「保守」という仕事は安定した収入とゆとりある時間をもたらしてくれるでしょう。ですが私も最初から「保守」をやっていたわけではありません。

トリプルワークでも生活が苦しかった独立当時

私はスキルもお金も人脈も、何もない状態から独立しました。知り合いに紹介された会社で働くために上京しましたが、半年後にはその会社が潰れてしまったからです。

当時住んでいたところは家賃だけで22万円。普通に就職しても到底払える金額ではありません。家賃の安いところに引越ししようにも違約金や引越し代がそもそも払えませんでした。

どうしようもなかったのでトリプルワークを始めました。朝はアルバイト、日中は派遣会社、夜はフリーランスとして3種類の仕事を掛け持ちです。

もともとスキルも高いわけではなかったので、ホームページ制作を1件3万円や5万円の安さで単発案件としてこなしていました。

ホームページを作るのも何度も打ち合わせに行き、顧客に写真をもらったり原稿を書いてもらったりしなければいけません。1人でやるには手間がかかりすぎて割に合いませんし、売り切りだったので作ると同時に営業もし続けなければいけませんでした。

気づけば毎日不眠不休で働いているのにお金が残りません。拘束時間も長くて何もできません。

無収入にもなり得るフリーランスのリスク

フリーランスは自分が動いて初めて報酬が発生します。逆に動かなければ無収入です。風邪をひいて納期に間に合わなければ信用を失って、それ以降の仕事もなくなります。体調を崩すともう終わりです。

体調管理が何よりも大切なのに、トリプルワークをしているとしっかり食べることも寝ることもできません。肉体的にも精神的にも限界がきていて、いつ倒れてもおかしくない状況でした。

だから月1万円でも2万円でも、なんとか固定収入がほしいと思っていました。

パソコンの御用聞きが固定収入となる保守につながった

取引先は私がエンジニアのことを知っていたので、ホームページ制作の打ち合わせに行くとよく、パソコン関係の相談も合わせてされていました。

エンジニアあるあるですよね。

当時は御用聞きのように相談されたら都度引き受けていたのですが、その回数も多くなり、私も固定収入を作りたかったので、都度依頼よりも月額固定の方がトラブル時にも安心で低価格ですよ、と保守契約を結びました。

これが初めての保守契約です。

毎月営業しなくても決まった金額が入金される安心感は単発案件だけ受けていた頃と全く違います。翌月以降の見通しが立つようになって精神的に落ち着けるようになりました。さらに保守は最初にしっかりと設定をしておけば、それ以降ほとんど作業は発生しないので時間にもゆとりが生まれ始めました。

50万円の単発案件よりも月1万円の固定収入

1件50万円、100万円という大きな金額の案件は魅力的です。しかしそれくらいの案件になると凄腕エンジニアや法人企業がライバルになります。受注するのにも大きな時間と手間がかかります。提案から受注まで3ヶ月、入金まで半年のようになることもざらです。

そして単発案件はどれだけ金額が大きくても自分の時間を売って報酬を得ているにすぎません。かなりスキルの高いエンジニアが多くの時間を費やして働いたとしても年収2000万円くらいが限界でしょう。

私も起業・独立支援としてたくさんの方の相談にのりましたが、高いスキルを必要とせず、働く時間を1日1時間程度に抑えながら、年収4000万円を達成できると納得してもらえた方法は「保守契約」だけでした。

特に独立前後や週末起業の方にとっては、1件50万円の単発案件よりも月1万円の保守案件の方がイメージもつきやすく取り組みやすいです。

今は会社で働きながらでも簡単に社長と接点が持てる時代

クラウドソーシングサービスをご存知ですか。企業と個人をつなげる仕事のマッチングサイトです。LancersやCrowdworksが日本では有名です。

サイトにはホームページ制作やシステム開発の案件がたくさん募集されています。ホームページ制作の案件は社長が直接依頼していることも多いので提案するだけで簡単に接点を作れます。

そして提案もやり取りも基本的にはメッセージで行うので、会社員の方でも無理なく使えます。会社の休み時間や帰宅後・土日のような相手の営業時間外でも案件に提案できます。

提案から受注までメッセージで完結するので、日中動きづらい会社員にこそおすすめです。会社で働きながらでも社長と接点を作っていけます。

単発案件のあとの保守契約という考え方があれば、多くのエンジニアが避ける低単価の案件でも提案し、仕事を受ける価値があります。むしろスキルの高いエンジニアは提案しないので有利です。

まずは登録後どんどん提案して、社長との出会いを増やしていきましょう。

技術力があっても紹介したくない会社の特徴

紹介したくない会社は配慮にかけて、平たく言うと「イラつく」あるいは「むかつく」対応をしてくる会社です。

顔がちょっといいけどイラっとくる人は合コンに呼ばれないように、技術力は高めで「遅い、理不尽、高い」という対応の悪さが、自分の中では「あそこは紹介すべきではない」会社になってしまいました。

顧客からシステム開発やスマホアプリ開発について相談される事が多く、その都度、システム開発会社(X社)を紹介していたのですが。。

発注者としての不満、4,000万円を保守・運用で稼いでいる受注者の経験から改善案を書かせて頂きます。

紹介をしなくなったエピソード

普段からお世話になっている顧客からスマホアプリの開発の相談を受けた時のこと。

「あ、これなら技術力が高いX社お願いする案件だな・・・・」

「でも、待てよ・・・X社は最近変な対応するからやめておこう・・・。この前も社内調整とかめっちゃ大変だったし。」

変な対応と思った点は端的にいうと『遅い、理不尽、高い』でした。
これらの対応が重なって僕の中では「紹介したくない会社」になったのだと思います。

紹介したくないシステム会社 – 3選

(1) 見積り提出までの時間が長い会社

システム開発会社(受注側)の都合もあるでしょうが、見積り提出までの期間が長く、催促しなければ一ヶ月くらい待たされる事もありました。

最初の1週間は
「もしかして放置されているのかな?」
と思って催促。

催促しても返信がないと・・・

「本案件って、見積りに時間を要する数十億円クラスの巨大プロジェクトだったっけ?」

「1時間3,600秒、一日86,400秒、一ヶ月で2,678,400秒。何の連絡もなく待たされる苦痛!」

「もしかして、会社が潰れてしまったのだろうか!? 担当さん生きてますかー?」

見積もりを出てきたと思ったら謝罪もなし
「おいおい…、たった一言『見積りに時間がかかってすみません』すら言えないのかい?」

見積りが出来上がるのを待っている間、そんな事ばかり考えていました。

何か理由があって見積りが遅れるのはしょうがないとしても、何の連絡もなく待たされると発注側は非常に不安になります。

【紹介したくなる会社になる為の改善案】
→ 最初に見積り提出期限を決めたり、見積りの進捗を報告するといった細かいフォローを行う事で、発注側が持つ不信感を大きく払拭する事が出来ます。発注も受注も結局は人間対人間の付き合いですので、「報連相(ほうこく・れんらく・そうだん)」はしっかりと行いましょう。

(2) 急な値上げをして理由を説明しない会社

過去には、「人件費が高騰しているので来月から単価を1.5倍にしたい」といきなり言ってくるシステム開発会社もありました。
もう少し細かい説明があってもいいと思うのですが、基幹システムを握られている以上、システムを停めるわけにもいかず、社内外の調整に難儀しました。

恒久的な値上げをするのであれば、電話やSkypeやメールで済ませず、会社まで出向いて説明をして欲しかったです。

【紹介したくなる会社になる為の改善案】
→ 値上げをするのであれば、「作業に割く時間が昨年比で+30%増加しました」とか「月間の平均問い合わせ件数が50件を超えました」といったように、ちゃんと理由を説明して発注者に納得してもらうことで、イラっとされる可能性を減らせると思います。

(3) 不得意なジャンルでも安易に受けてしまう会社

400万円規模のスマホアプリの開発を発注した事があったのですが、素人目にみてもUI/UXが悪く、いくつかの必要な機能が「実現が難しい」という事で実装されなかった事があります。

疑問に思い、あとで自分で調べてみたらそんなに高度な技術を要するものでもなく、他社開発のスマホアプリでは当たり前のように実装されている機能でした。

こちらはシステム会社にプロのスキルを期待して発注しているのですから、スマホアプリの開発が苦手なら見積り段階で断るか、他の会社を紹介して欲しかったです。

【紹介したくなる会社になる為の改善案】
→ 苦手な分野の開発を無理に引き受けると当然クオリティが下がります。
得意な分野で勝負して、顧客満足度を上げた方が単価もクオリティも上がり顧客に無駄にムカッとされることもなくなるのではないでしょうか。

紹介減を防ぐためには

顧客の感情や課題への対応を改善することで防止できると思います。

というのも、顧客の対応とソフトウェアの動きの2つが目に見えやすく、後者はシステム開発会社であれば日々改善されていることだと思いますので。

中のコードの書き方等、目に見えないところの改善ばかりではなく、対応の改善に関しても注力されると事業成長、もしくは安定が見込めると思います。

この記事を読んだ方へのお願い

私の体験ではサンプル数が少なく、もしかしたら発注側の一方的な意見になっているかもしれません。

システム開発会社(受注側)の方のご意見や、発注主(発注側)として他にエピソードがありましたら、ぜひTwitterやFacebookで教えて頂ければ幸いです。